業者選びに役に立つ屋根葺き替えに関連した業者をご紹介します。

屋根葺き替えコンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月28日 [FAQ]

屋根の葺き替えの種類とその時期は?

家を建てたもらったハウスメーカーが、数年で倒産してしまったこともあって、家のことで何かあっても相談できる人もいなくなり、屋根に関してもお手入れが必要なことは承知していましたが、何をするにしてもお金がかかることですし、子供が2人いて、塾や習い事にも予想以上にお金がかかるので、普段目に見えない屋根は後回しになっていました。
先日台風が来て、屋根に何かぶつかった音がしたので、はじめて主人が屋根の上に登って状態を確認すると、幸い大きなダメージはなかったようですが、経年劣化で屋根の表面が錆びついていて、細かい傷もたくさんついていたことが分かり、素人が見ても放置しておくわけにはいかない状態とのことでした。
自分たちで調べると、最悪は屋根の葺き替え工事が必要であることが分かりましたが、なるべくお金をかけないで行う葺き替え工事の種類と、一般的に家を建ててからそのくらいの時期で葺き替え工事は必要になるのでしょうか?


回答

早めに専門業者に診てもらいましょう。


現在どのような屋根材が使用されているのか分からないので何とも言えませんが、屋根の葺き替えには、これまでと同じ屋根材に葺き替えする以外にも、瓦屋根からスレート材へ、スレート材からガルバリウムへなどと、他の屋根材へ交換することもできます。
したがって、前に使用していたものよりも、安い材料に交換することで、工事費用を抑えることができます。
一昔前までは、トタン屋根や日本瓦などが良く屋根材として使用されていましたが、トタン屋根は耐用年数も短いし、今どき住宅にトタン屋根を使用するところはまずありません。
日本瓦は重量があって耐震性が低くなり、地震などに弱い家になってしまうため、瓦屋根からガルバリウムへ葺き替えする人が今は増えています。
トタン屋根は、耐用年数が長くても10年程度で、スレート屋根も10?15年と言われています。
日本瓦は25?30年ほどの耐用年数がありますが、前記した通りに住宅の耐久性が弱くなることから、どうしても瓦屋根にしたい場合は、軽量のフェイク瓦などを選ぶといいでしょう。
瓦屋根以外の屋根材は、家を建てて15年以上何もしていなければ葺き替えが必要になる可能性があり、特に雨漏りが起きていたり、ヒビ割れが起きていたり、屋根が白っぽく色あせているチョーキング現象が起きている場合は、塗装などのメンテナンスだけでは対処できない可能性が高くなります。

PageTop