業者選びに役に立つ屋根葺き替えに関連した業者をご紹介します。

屋根葺き替えコンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月24日 [FAQ]

葺き替え工事をするにあたり屋根の種類を教えてください。

東京生まれの東京育ちで、大学も東京で、就職先も東京で転勤なしということで、生まれてから一度も実家を離れたことはありませんでしたが、3年前に結婚して初めて家を出ました。
しかし、恋愛中は優しくて気遣いができると人だと思っていた彼が、一緒に住むと人が変わったみたいになって、1年経っても2年経っても子供ができなかったこともあり、そのことも1つの原因になって、毎日喧嘩が絶えなくなって、離婚して実家に出戻ってくることになりました。
両親も周りも離婚後しばらくしてからは再婚を勧めてくれるのですが、もう結婚はこりごりで、幸い仕事も辞めていなかったし、二人の兄もすでに実家を出てそれぞれ家庭も家も持っているので、私が両親の面倒をみることに決めて、そのことを兄たちに伝えると、私の気持ちを理解してくれて、そういうことなら実家は将来的に私が相続していいと言ってくれました。
両親は気が変わったらいつでも再婚して家を出ていいと言っていますが、私の気持ちは変わらなくて、もしも再婚するにしても、再婚相手の条件はこの家に両親と同居してくれる人だと親にも宣言して、私が死ぬまで安心して住めるように、古い家の欠陥部分を補うリフォーム工事を行うことにしました。
そこで前から不安を抱えていた瓦屋根の葺き替え工事を行うことにしたのですが、瓦屋根の他の屋根の種類と、その特徴を教えてください。


回答

屋根材はどんどん進化しています。


瓦屋根と同様に、一昔前に普及したのがトタン屋根ですが、こちらは寿命が非常に短くて、葺き替え工事で他の屋根材に変更されるケースが多くなっています。
スレート屋根には、天然スレートと化粧スレートの2種類がありますが、現在使用されているのはほとんどは、セメントと繊維を混ぜて作られた化粧スレート屋根で、安価でそれなりの耐久性もあって、重さも瓦屋根の半分程度で、カラーバリエーションも多くデザイン性にも優れていますが、地震や強風の影響を受けやすい点も指摘されています。
アルミと亜鉛で作られたガルバリウム屋根は、サビが付きにくく、軽量で耐震性にも優れていて、メーカー保証も30?50年と非常に長くなっていて、現在では新築住宅に多く選ばれている屋根材です。
屋根材は、軽量で丈夫を目指してどんどん進化していて、ガルバリウム鋼板に石の粒を焼き付けるなどして、より高性能を求めたハイブリッド屋根なども登場しています。

PageTop