業者選びに役に立つ屋根葺き替えに関連した業者をご紹介します。

屋根葺き替えコンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月03日 [FAQ]

屋根の部分的な工事は可能ですか?

10年ほど前に家の一部を増設するリフォームをしました。増設した部分の屋根は元々の家屋の屋根とは違う材料で、色も同じではありません。先月の台風の後、屋根の上に外から飛んできた色々な物が溜めっていたため、はしごを使って屋根に上りました。屋根の掃除をしながらいくつかの瓦が割れていたり、ヒビが入っているものもあり、びっくりしました。家本体の方の日本瓦はちょっとずれてるくらいで破損はありませんでした。この増設した側の屋根の劣化が心配なのですが、屋根の部分的な補修工事は可能なのでしょうか?全体を変えないといけないのでしょうか?

回答

部分的な修理で対応できる場合は勿論、部分修理が可能です


屋根の修理はその状態によって部分的な修理で対応できる場合と全体的な修理が必要な場合があります。一見すると分からないのですが、瓦の下の下地材が腐食しているケースや激しく傷んでいることもあり、そうなると場合によっては瓦全体を取り替える「屋根葺き替え」工事が必要になることもあります。
屋根材によって耐用年数が異なりますが、自然災害の影響で予想外に早く劣化することもあります。屋根が劣化すると家屋そのものへも影響するため、安全で快適に暮らせるお住いを維持するためには定期的なメンテナンスが欠かせません。屋根材にヒビが入っていたり、割れていると、その部分から雨水が侵入し、雨漏りを引き起こします。状態がひどくなる前に屋根修理の専門業者へ相談しましょう。早期に対応すれば、修理範囲が少なく、作業内容も比較的簡単なため、少額の費用で済むことが出来ます。「様子を見よう」と状況を把握しながら問題の解決を先延ばしにしても、屋根の状態が良くなることはありません。むしろ悪化して、修理内容が複雑になったり、広範囲に渡ることで費用も高くなります。
修理の方法は専門の業者に診断してもらわないと分かりません。
屋根の知識や経験が豊富な業者を選んで相談してみましょう。初めてのことで不安がありましたら、複数の業者に頼んで見積もりをしてもらうとよいでしょう。それぞれの業者がどのような修理を提案するか、料金を提示するか比べてみましょう。
業者によってはすぐに高額な屋根葺き替え工事を提案するところがあります。「本当は部分修理で少額の費用で済んだのに」というケースが多いのは、それだけ個人では判断し難く、「専門の業者が言うのであれば仕方ない」と思う人が多いからです。適切な修理を選ぶためにも複数業者の見解を聞くようにしましょう。

PageTop