Let's play music

 ここでは、自分の楽器演奏経験について書いてみます。

 人が楽しそうにやっているのを見ると、すぐに真似したくなる性格なため、ずいぶんいろいろな楽器に手を出してきましたが、あれこれ試してみると、楽器にも向き不向きがあるという事に気がつきます。自分に合った楽器を見つけるというのは、実はなかなか難しい事で、運に左右される部分もかなり大きいでしょう。これは、音楽に限った話ではなくて、勉強でもスポーツでも、人生の全てにおいて、言える話だと僕は思っています。

 ピアノなどは、誰でも簡単に音が出せるので、確かにとっつきやすさはありますが、その分、あるレベルから上に登るのは結構大変です。しかも、演奏者人口が多く、既に世の中には他にもうまい人がいっぱい居て、「弾けます」と自信を持って言えるレベルはかなり高い所にあると思われます。ギターも同じかな....

 管楽器のように、最初は簡単に音が出なくて、一見難しそうに見える楽器の方が、個性を出しやすくて、実は表現しやすいという事もあるかもしれません。いえ、決して管楽器の方が簡単という話ではないですよ。管楽器は、自らの身体も楽器の一部みたいなものですから、ピアノ以上に、向き不向きがあるだろうと思いますし、かなりの実力の方でも、日々良い音を出す方法について悩んでいるのを、僕は知っています。

 ともあれ、簡単にあきらめてしまうのは、確かに良い事ではないでしょうけれど、大きな壁を感じた時には、気持ちを切り替えて、他の楽器に挑戦してみるのもひとつの手ではないだろうか...というのが、僕の意見なのです。

そういった視点から、皆様への、なんらかの参考になれば幸いです。


Piano

 Profileの所にも書いたとおり、4歳で、近所の遊び仲間達と共に、当時社会現象的に流行っていた「オルガン教室」に通いはじめたのが、音楽に関わるきっかけです。その後しばらくして、ピアノの個人レッスンに転向し、クラシック・ピアノを学びました。

 しかしながら、外で遊びたい盛りの男児が、ピアノのレッスンなど好んで通うはずもなくて、やはりというか、当時は本当に嫌で嫌でたまりませんでした。

 で、ついに、中学校に入学する時、「勉学に差し支えるので、もう止めたい。」などと、みえみえな嘘をついて、親と喧嘩までして、レッスン通いを止めました。年頃の少年にありがちなパターンで、通常はこれをもって、それまでの苦労が全て水の泡と消えてしまうのでありますが、僕の場合、結局その後も、クラスの合唱の伴奏をやらされたりして、ピアノを弾き続けていたので、あまり下手にならずに済んだのは、今となっては幸いだったと言えます。

 高校に入学した頃から、再びピアノが面白くなってきて、自分の意志でレッスンに通い始めました。最終的には、チェルニー40番が終わって、ショパンのエチュードを何曲かやったくらいまで進んだように記憶しています。両親は息子をプロの音楽家にするつもりはありませんでしたし、本人も当時はその気がなかったので、大学受験を機会に、二度目の中断が訪れます。

 大学入学後は、バンド活動を本格的に開始すると共に、ギターを弾く機会が増えてきて、しばらくピアノへの関心は弱まっていくのですが、ギターの練習、研究を積むうちに、次第にジャズの複雑なハーモニーやフレーズに興味を抱くようになってきました。自然な流れとして、最初はジャズ・ギターに転向しようと思ったのですが、ジャズを聴きこむにつれて、自分が表現したい音楽を演奏するためには、幼少の頃から親しんできたピアノの方が向いているという事に気がつきまして、再びピアノに戻る事を決意しました。

 その後、社会人となってからは、ジャズ・ピアノの世界にどっぷりと染まってしまい、現在に至ります。かつては、ただゴリゴリに盛り上げるだけだったり、やたらとアウトする事に熱中していたりした時期もあったものですが、歳を重ねるにつれて、次第に音数を減らし、音量も抑え、スペースを見い出すことに面白さを感じるようになってきました。一音一音の音色を大切にした、「歌うピアノ」を目指している今日この頃です。

Guitar

 初めてギターを買ったのは、確か中学2年生の時でした。モーリスの定価3万円のフォークギター。その頃から次第に洋楽を聴き始めまして(最初はビートルズから)、自然な成り行きとしてエレキギターが欲しくなります。高校1年の冬休みにバイトをして(当時は今と違って、高校生のバイトはまだ一般的でなく、いわゆる校則違反でした)、Tokaiの定価8万円のレスポールを手に入れます。その後は、大学を卒業するまで、時折キーボーディスになる事もあったものの、普段はあくまでもギターをメインの楽器と位置付け、日夜練習、バンド活動に、励む事となったのです。

 幼少の頃のピアノ教育のおかげか、物心ついた時には絶対音感を有していた僕にとって、ギターはとっつきやすい楽器でした。ピアノと同じで、比較的簡単に音が出せますし、指先のコントロールだけで演奏が可能だからです。演奏するジャンルも、お約束のディープ・パープルやらレッド・ツェッペリンのようなハードロックから入り、次第にフュージョン、ジャズへと傾倒していくという王道をたどりました。

 ところが、ジャズをはじめるようになって、難しいコードやスケールを弾くようになると、この絶対音感が邪魔になってきたのです。ギターという楽器は、本来、相対音感の方が演奏しやすい仕組みになっています(と、僕は思います)。絶対音感的な奏法も、できない訳ではないのですが、複雑な事をやろうとすると、かなり大変だという事に気がついたのです。という訳で、結局ジャズ・ギタリストの道はあきらめまして、それと同時に、ギターそのものからも、足を洗ってしまい、ピアノ弾きに戻る事になったのでした。

Saxophone

 ギターと並ぶ、ポピュラーミュージックにおける花形楽器と言えば、やはりサックスでしょう。特に、ジャズの世界において、その存在はとてつもなく大きくて、ロングトーン一発で持って行かれた日にゃ、長い音が出せないピアノ弾きとしては、悔しくてたまりません(笑)。という訳で、30歳を過ぎてから、アルトサックスをはじめました。

 サックスは、管楽器としては、比較的簡単に音を出す事ができると言われています。実際、その通りでしょう。そして、指使いも基本的にはリコーダーのようなもので、同じく比較的簡単です。しかしながら、それゆえに、人並み以上に上手くなろうと思ったら、相当な研究と練習を積まねばならず、非常に奥が深い楽器とも言えます。

 ところで、サックスというのは移調楽器でして、アルトの場合、楽譜上の「ド」を吹くと、実音の「ミ♭」が鳴ってしまうのですが、これが、絶対音感所有者にとっては、極めてややこしく混乱する話なのです。で、結局僕はどうしたかというと、普通の運指を覚えるのは諦めて、全て実音で運指を覚えました。この方法だと、頭に思い浮かんだメロディーを、実音のまま、指に置き換える事が可能になるという反面、運指に規則性がないのと、テナーをはじめとした、調が異なるサックスを吹く事ができない....という大きな欠点があります。そう、やっぱり、いつかは、テナーやソプラノも吹いてみたいではないですか。

 ともあれ、購入後3年くらいは、それなりに練習していたのですが、最近はほとんど触ることもなくなってしまいました。結論付けるのはまだ早いかもしれませんが、そもそも僕は、口や喉をコントロールする管楽器には、向いていないのではないかという気がしています。指はそれなりに動くんですけど、いい音が出なくて、自分の頭の中のサックス吹きのイメージには、ほど遠いんですね。

 まぁ、決して安い投資ではなかったので、また機会をみつけて、練習を再開したいとは思ってはいます。なんだかんだ言っても、管楽器をブリブリ吹くのは、下手でもそれなりに気持ち良いものですから。

Others

 あとは簡単に箇条書きで....


Home
Last Modified on Jan.4,2001